東京のお酒買取業者では、どんな種類のお酒を買い取ってくれるのか

お店によって取り扱う種類が異なりますが、主にブランデーやウイスキー、シャンパンなどを買い取ってもらえます。

お酒買取業者へ依頼するorネットで出品、どちらがおすすめ?

出張や持ち込みで対応してもらえる

買取り業者の場合、お店に持ち込みをしてその場ですぐに査定を出してもらえます。また、査定価格に納得いけばその場で買取りが成立し、現金などをすぐに受け取れます。また、買い取って欲しいお酒が大量にあるときには、お店によっては出張買取りサービスを利用できます。

思わぬ高値で売れるかもしれないのがネットの魅力

フリマアプリなどを利用して、ネットで不要なお酒を販売できます。買取り業者の場合は、店舗の運営などの費用があるため買取り金額に上限がありますが、ネットの場合は希少性が高く、人気もあるお酒だった場合は、業者に買い取ってもらうよりもはるかに高値で買取が成立することがあります。

キャバクラなどでアルコールが余っていたら

ボトル

お酒という嗜好品は、多くの人から愛されています。ニーズも非常に多く、そのため高価なものも沢山あります。高級酒となると、ブランドバッグと匹敵するほどの価値があります。そのため家で高級なお酒が余って困った場合は、廃棄せずに買取業者に売却してしまうと良いです。東京ではブランド品と同様に、買取サービスも存在します。なかにはブランドバッグや高級時計と並行してブランドのお酒を買い取る業者もあります。またお酒の買取に特化した業者も東京には存在します。六本木や銀座など歓楽街では店を閉店してしまうキャバクラやクラブも多く、現金化したいオーナーがたくさん存在しています。またキャバクラやクラブで売却されるものは、希少性の高いものであったり、超破格値が付く、価値が高いものも多く買取業者にとって良い仕入れ先となっています。

アルコールの買い取りの特徴とは

洋酒

東京のお酒専門の買取業者は、ほかの買い取り業よりも高い値段で買ってくれる特徴があります。それは買い取ったお酒を再販できる独自のネットワークや顧客のルートが存在するからです。未開栓で化粧箱つき、新品同様のものであると販売価格とあまり変わらない値段で買取ってくれる場合もあります。また六本木や銀座など高級キャバクラやクラブで人気の高いお酒も高値が付く可能性が高いです。お酒の場合は、古いものであっても高価買取が期待できます。ワインなどはむしろ年数を経て熟成した方が風味や味わいが増し、ますます価値があがっていくためです。買い取りの際には、店頭持ち込み査定や出張査定、宅配査定などがあります。

余ったアルコールは売却しよう

ボトル

クラブやキャバクラの閉店の際に余ったお酒をどうするか悩むことがあります。この場合は東京のお酒買取業者に売却するとよいでしょう。お酒の専門買取であると、売却ルートを膨大に抱えているので高値で買い取ってくれる可能性があります。またお酒は古くなっても価値が高くなる場合があります。ワインなどは年数が経過しより熟成し、風味が増して価値が高くなります。方法としては、店頭買取や出張買取、宅配買取りなどがあります。

広告募集中