HOME>記事一覧>可能な限り新品に近い状態にして査定に持ち込む

未開封であること

洋酒

お酒の買取で気をつけるのは、未開封であることです。どんなに価値のあるお酒でも、栓を開けてしまったら買取ってもらえません。少ししか飲んでいないからバレないだろうと査定に出しても、キャップシールが取れていたら一目瞭然です。また、飲んでいなくてもキャップシールが切れていたら開栓済みとみなされてしまいます。買取に出すつもりなら、新品のまま取っておくのが賢明です。

保管状態が値段を左右する

ワイングラス

お酒の買取では、保存状態によって値段が変わります。お酒を寝かせて保管して液漏れしていたら、高価なお酒でも価値が大きく下がるだけでなく、買取ってもらえないこともあります。ワインセラーなどお酒の保存に適した場所に保管しておきましょう。

見た目をきれいにする

ワイングラス

お酒の瓶に埃や汚れがついたまま買取に出すと、本来の価値より安く査定される可能性があります。査定の前に乾いた布で瓶の汚れを拭き取り、綺麗にしてから査定に出すようにしましょう。ただし、ラベルを強くこすると破れるので注意が必要です。

付属品を失くさない

ワインボトル

お酒の購入時についていた箱やパンフレットなどは、失くさないようにとっておきましょう。買取の際、付属品があるのとないのとでは価格が変わってきます。できるだけ新品の状態に近づけて、査定に出すようにしましょう。

広告募集中